スポンサーサイト

  • 2016.08.13 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    筋肉少女帯 ニューアルバム「THE SHOW MUST GO ON」第一印象

    • 2014.10.08 Wednesday
    • 07:26
    聴いたので、まず今現在の感想を書きます。
    ネタバレ注意です。
    なぜなら、筋肉少女帯のアルバムって短編集っていうか、連作集っていうか、
    アルバム一枚で一冊の本みたいになってるから、前提知識無く聴いた方が楽しめるかもしれないからです。
    それらを踏まえて、複数の改行をした後で書き始めます。

































    【ネタバレ注意:ここまで読んだ人なら大丈夫ですよね?】
    はい。まず一言での観想。
    濃い。
    特濃。
    受け取れないほどびっしりと埋め込まれた何か。
    情念とか、誇り、力強さ、丁寧さ、ファンへの感謝、愛、親子愛、教育欲。
    とりわけ、
    ファンとバンドの関係、親子の関係、そして教育。
    そういうことが全体を通してのテーマじゃあないかな、と。

    まさに、現在進行形な現状。
    活動休止して、復活して、数年活動してで、ニューアルバムを出す。
    フェスにも何度も参加した。ワンマンででかいとこでもやった。ファンも増えた。
    親子のファンも増えた。活動再開後しか知らない子も増えてきた。
    っていう、現状を歌ってる、とも思った。

    そのファンにどうなって欲しいか。
    もっとしっかり色んな事を知ってほしい。
    教科書が教えてくれる事だけじゃなくて、
    サブカル的な常識だけじゃなくて、
    もっと大切な物はいっぱいある。
    そこらここらにいっぱいある。
    それに気づけ、と。
    むしろ、別れ、と。
    いやもっと言うと、分からせてやる。
    ファンなら常識!って知識を増やすので、各自検索しろ!
    勉強して、サブカル博士になれ!
    そして、まわりの人たちにもそのサブカル知識を持つ大切さと楽しさを伝えろ・・・。
    途中から完全に僕の妄想ですが、そういうのを感じました。

    むかし、ある心理学者が大槻ケンヂに対して行った言葉に、
    彼はものすごく強い教育欲を持っているんですね。
    歌詞の中にちりばめられた言葉をたどっていけば様々な教養を得ることができる。
    それが素晴らしい、的なのがあったし。

    確かに、分かる、って思う。
    オーケンのちょうど10歳下の僕は思う。
    もっと歪んだ、斜めからの見方はいっぱいあるので、気づけ!っと。
    そういう天邪鬼で不良で社会に受け入れられない領域にいたって気にするな、と。
    むしろもっと壊れろ、と。
    そういうかんじか・・・。いや僕のそれは違うな、破壊衝動を自制するな、的な方向に行っとる。

    まあいいや。各曲の感想を以下に書いていきます。

    とりあえず、まだ数回しか聴いてないことをことわっておきます。

     

    10月8日発売、ニューアルバム「THE SHOW MUST GO ON」収録内容詳細!


    ニューアルバム『THE SHOW MUST GO ON』
    2014年10月8日(水)発売
    初回限定盤(CD+DVD)TKCA-74148 ¥3,700+税
    通常盤(CD)TKCA-74152 ¥2,857+税

    〔CD〕全13曲収録(初回限定盤、通常盤ともに同一内容)

    1.オーディエンス・イズ・ゴッド
    お客様は神様です。とりあえず今後の伏線。
    いつもな感じに掴みから筋少ワールド。

    2.労働讃歌
    ももいろクローバーZに大槻ケンヂが歌詞提供した曲の筋少への逆輸入版。
    今回の一番の驚き。あの曲が、こうなっちゃうの!でも、むしろあり、っていうか、こっちが本家であっちがカバーでもういいや。
    いやいや、別物としてどっちもおもろい。っていうか、いっそのこと、一緒にやればいいんじゃないか?って感じ。

    3.ゾロ目
    MV曲。普通に何度も聴いてたから驚かない・・・かと思ったけど、
    それ単体で聴くのと、この流れで聴くのではゾロ目の意味合いが違う。
    単体だと、普通に男女の仲っぽいけど、アルバム通して聴くと、親子とか、ファンとバンドの関係とも思える、少し。

    4.霊媒少女キャリー
    小説のネタになりそう。そのうち、オーケンの小説のタイトルになって、映画化されてアニメ化される伏線、ですよね?

    5.ムツオさん
    どうだろ?これに関してはもうちょっと聴き込もう。
    何なんだろうこれはーって感じ。

    6.みんなの歌
    うん、いわゆるみんなの歌。揶揄、皮肉その他諸々が含まれたタイトル、それがすごく筋少っぽい。
    お前のために歌うよ、私のために歌って。そんな言葉は詭弁だって事を突きつける。
    誰かのためとか言って、結局誰でも歌える、誰もが聴くことができる、それが音楽。

    7.月に一度の天使(前編)
    作中短篇の前編。
    重要な後編へにむけての話がいっぱい入ってる。
    言ってしまえば、オーケンの若いころ?
    筋肉少女帯の凍結以前、かな。

    8.愛の讃歌
    そして、結婚式ではこれを歌いましょう、と。

    9.月に一度の天使(後編)
    作中短篇後編。
    いきなり数年後。
    現在。言ってしまえば、筋少復活後。
    帰ってきたー。そして、筋少らしくパワフルな空気を注入って感じかな?

    10.恋の蜜蜂飛行
    恋、って儚いなあ。蜜蜂に消される君を見る僕。
    消しゴムで消されるように足元から消えていく、ってフレーズすごい。
    ありありと想像できて、悲しくなった。
    彼女の口元は…に見えた・・・。切ない・・・。

    11.吉原炎上
    吉原とかよく分からないのでイメージで書いたんですよー、って言ってたような。
    うん。吉原が炎上するときにフライドチキンとか、無いわ。でも、それも含めて吉原バーニング!

    12.気もそぞろ
    だんだん気もそぞろになってきた。復活したバンドっていつまで活動するの?
    っていうかいつまで活動できるの?
    親子でバンギゃ?

    13.ニルヴァナ
    そして大トリ。激しく終わる。うん、筋少らしい。




    と言う感想。ざっと聴いた感じ、労働讃歌が一番驚きがあっておもしろいかも。
    ワインライダーフォーエバーと同じ路線、だな?
    まあ、筋少だと昔からよくあること。
    戦え!何を?人生を!って曲中で4人とも楽器持たずに絶叫する感じ。
    バラード禅問答、スラッシュ禅問答とかもあるし、おさる音頭もあるから、まあ普通っていうか筋少ではよくあること。

    きいたら、ももクロZと同じレーベルである特撮ではこんな風にはできないな、と思った。
    もちろん、そうでない作風にはできると思うので、それはそれで聴いてみたいW

    っと言う感じ。後はとにかく聴きつづけてそんでまた落ち着いたら感想を書くと思う。
    いいアルバム買った。今後これがあれば生きていける、これらがあったから生きてきた。
    何が起きて、どんなことがあって、辛く凹んで真っ暗な日々でも。切なくてやりきれない夜にも。

    スポンサーサイト

    • 2016.08.13 Saturday
    • 07:26
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      recent comment

      • 電気グルーヴの事を書いてみる。
        えすぜ (03/03)
      • 電気グルーヴの事を書いてみる。
        n (03/01)
      • 最近のおススメ曲(大人の夏休み、新宿・・・・)
        えすぜ (09/04)
      • 最近のおススメ曲(大人の夏休み、新宿・・・・)
        赤星 (09/03)
      • 最近のおススメ曲(大人の夏休み、新宿・・・・)
        えすぜ (09/03)
      • 最近のおススメ曲(大人の夏休み、新宿・・・・)
        赤星 (09/03)
      • 筋肉少女帯「混ぜるな危険」の感想
        えすぜ (09/03)
      • 筋肉少女帯「混ぜるな危険」の感想
        赤星 (09/02)
      • 筋肉少女帯「混ぜるな危険」の感想
        えすぜ (09/02)
      • 筋肉少女帯「混ぜるな危険」の感想
        赤星 (09/02)

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM